本ページはプロモーションが含まれています。

大学の日程!授業と講義が開始される時間と終了する時間

お役立ち情報
スポンサーリンク

多くの学生が気になる大学の日々の授業や講義は、一体何時にスタートし、何時に終了するのでしょうか?

また、一日の授業が開始する際、最初の時間帯に予定されている講義は具体的にどのように設定されているのか、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

大学における授業の時間割:スタートとフィニッシュ、そして一日の始まり

通常、大学での授業や講義のスケジュールは以下のように組まれていることが多いです。

一日の始まりを告げる第1講時は、朝の8時45分に始まり、10時15分に終了します。
続く第2講時は、10時30分から正午まで行われます。
昼の休憩時間を挟み、第3講時は午後1時から2時30分まで、第4講時は2時45分から4時15分まで、
そして日中の授業を締めくくる第5講時は4時30分から6時までとなります。

わかりやすく下記にまとめてみました。

講時開始時間終了時間
第1講時8時45分10時15分
第2講時10時30分12時
昼休憩
第3講時13時14時30分
第4講時14時45分16時15分
第5講時16時30分18時
【例】大学授業時間割


これは多くの大学で見られる一般的な時間割ですが、授業が始まる正確な時刻は大学によって微妙に異なることがあります。

同様に、講義間の休憩時間も大学によっては10分間であったり、15分間であったりと差があります。

夜間の学習機会

また、働きながら学びたい社会人向けに、夜間に講義を提供している大学も存在します。

これらの講義は通常、以下の時間帯で開講されます。

夕方から始まる第6講時は、18時15分から19時45分まで、その後、第7講時が19時50分から21時20分まで行われます。

授業や講義の具体的な時間配分は大学ごとに異なるため、興味のある大学の公式情報を直接確認することをお勧めします。

スポンサーリンク

授業スケジュールの多様性

大学生活において、授業の時間割は学生たちの日常生活に大きな影響を与えます。

授業が開始される時間から終了する時間まで、また、その間に設けられる休憩の時間などは、多くの要因によって決定されます。

以下に、いくつかの異なるスケジュールパターンを紹介します。

異なる時間割の例

【パターンA】

朝一番の授業は8:40から始まり、10:10まで続きます。
その後、10:20から次の授業が始まり、11:50までです。
昼休みの後、12:40から授業が再開し、14:10まで続きます。
このパターンでは、授業は通常、17:30までに終了します。

開始時間終了時間
1講8:4010:10
2講10:2011:50
昼休み
3講12:4014:10
4講14:2015:50
5講16:0017:30
(例)パターンAの時間割り

「昼休み」の行は授業間の休憩時間を示していますが、具体的な開始時間と終了時間は記載されていません。

【パターンB】

最初の授業が8:50にスタートし、10:20までです。
休憩を挟んで、10:30から次のセッションがあり、正午まで続きます。
午後の部は13:00からスタートし、最終的に17:50に終わります。

開始時間終了時間
1講8:5010:20
2講10:3012:00
3講13:0014:30
4講14:4016:10
5講16:2017:50
(例)パターンBの時間割り

この表は、一日の授業スケジュールを示しています。

【パターンC】

一日の始まりは9:20からで、各授業は約90分間です。
授業間の短い休憩を挟み、18:20に日の授業が終了します。

開始時間終了時間
1限9:2010:50
2限11:0012:30
3限13:2014:50
4限15:0016:30
5限16:4018:20
(例)パターンCの時間割り

【パターンD】

8:45に第一講目が始まり、午前中に2つの授業があります。
昼休憩後、12:50に授業が再開し、17:50に終了します。

講目開始時間終了時間
1講目8:4510:15
2講目10:3012:00
昼休憩
3講目12:5014:20
4講目14:3516:05
5講目16:2017:50
(例)パターンDの時間割り

「昼休憩」の部分は、具体的な開始時間と終了時間は示されていませんが、授業間の休憩時間を意味します。

【パターンE】

9:00に授業が開始され、一日は7限まであり、最後の授業は21:20に終わります。

開始時間終了時間
1限9:0010:30
2限10:4012:10
3限13:0014:30
4限14:4016:10
5限16:2017:50
6限18:0019:30
7限19:4021:20
(例)パターンEの時間割り

この表は、一日の授業スケジュールを時系列に沿って整理したものです。


これらのスケジュールは、キャンパスの位置、夜間部の有無、食堂や診療所、購買部の営業時間、さらにはキャンパス間の移動時間など、様々な要素を考慮して作成されます。

学生からのフィードバックがこれらの時間割の調整に反映されることもありますが、変更は各部署間の調整が必要であり、容易ではありません。

スポンサーリンク

【まとめ】大学の日程!授業と講義が開始される時間と終了する時間

大学の授業時間は、学生にとって日々の生活リズムを大きく左右します。

多くの場合、朝の授業は約9時に始まり、90分の授業後には10分の休憩が設けられます。

昼休みは12時10分から1時までで、午後の授業も同様のパターンで進行し、大体17:50には終了します。

必修科目や目標とする資格のための授業であれば、早起きしての出席が推奨されますが、興味のある科目であればスケジュールに応じて柔軟に選択されます。

大学では、授業の開始時間が日によって異なり、そのために起床時間や準備時間が変わることは、新たな生活リズムの調整を求めらられることもあります。

特に、1講目が設定されている日は、通常よりも早起きを強いられ、これが日々の生活における負担と感じることも少なくありません。

一方で、大学生活では、自分の時間をより自由に管理できるという利点もあります。

例えば、授業が午後から始まる場合、その日はゆっくりと朝を過ごすことができ、前日遅くまで学習したり、アルバイトをしたりしても、十分な休息を取ることが可能です。

大学での授業スケジュールは、高校までとは異なり、学生自身が自分のライフスタイルに合わせて選択し、調整する必要がありますね。

授業の選択にあたっては、自分の体調や生活リズムを考慮するとともに、学業の目標や将来の計画に合わせた戦略的な選択が求められます。

大学生活を通じて、自己管理能力や時間管理能力を養うことは、学業の成功だけでなく、将来社会人として活躍する上での貴重なスキルとなるでしょう!