本ページはプロモーションが含まれています。

刺繍に最適!キッチンペーパーを活用した裏ワザ【完全ガイド】

お役立ち情報
スポンサーリンク

刺繍初心者や道具がない方へ朗報です。

家庭にあるアイテムで手軽に刺繍を楽しむ方法を紹介します。

この記事では以下の内容を解説します。

  • キッチンペーパーを使って刺繍をするコツ
  • 他の代替品の利用方法
  • 生地にデザインを描く技術

それではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

キッチンペーパーで刺繍は可能?

刺繍

はい、キッチンペーパーを使用することで、簡単かつ効果的に刺繍ができます。

特に初心者にはおすすめの方法です。

詳細をご覧ください。

キッチンペーパーでの刺繍手順

  1. キッチンペーパーを必要な大きさに切る
  2. デザインをキッチンペーパーに転写する
  3. キッチンペーパーを少し丸めて柔らかくする
  4. 刺繍する箇所にデザイン入りのキッチンペーパーをピンで固定する
  5. キッチンペーパーの上から刺繍を施す
  6. 刺繍が終わったらキッチンペーパーを慎重に取り除く
  7. 刺繍の内部を埋める際は、キッチンペーパーを取り除いてから行う
  8. 刺繍完了

この方法は簡単で、初心者におすすめだね♪

ポイント

  • キッチンペーパーの端にデザインを描かない(2-3cmの余白を残す)
  • キッチンペーパーにしわをつけると破れにくくなる
  • 糸に絡まった部分は針を使って慎重に取り除く

スポンサーリンク

キッチンペーパー以外の代用品

キッチンペーパー以外にも、刺繍に利用できる日常品があります。

それらをいくつか紹介します。

和紙

和紙も刺繍の代用品として使えます。

特に学生のいる家庭では容易に見つかるでしょう。

ただし、和紙はキッチンペーパーよりも破れやすいので注意が必要です。

ワックスペーパー

ワックスペーパーはお菓子作りなどで使われる素材です。

100円ショップで手に入れることができます。

薄茶色のものが使いやすいです。

スマートフォンやタブレット

  • スマホやタブレットの画面を明るく設定
  • 布に写したいデザインをスマホやタブレット上に置く
  • 布をデザインの上に置くと透けて見えるので、それに沿って描く


【ポイント】

  • 薄い布を使用する
  • 厚い布ではデザインが映らないことがある
  • 布を固定するためにマスキングテープを使用すると便利

キッチンペーパー以外にも、チャコペーパーの代用ができるアイテムは意外と多いです。

さまざまな方法を試して、楽しみながら刺繍を進めてみてください。

これらの代用品を使えば、刺繍をより手軽に楽しむことができます。

また、これらの方法は、手持ちの道具が少ない方や初心者にも特に役立つでしょう。

このガイドを活用して、刺繍の世界を広げてみませんか?

既存のツールにとらわれず、身近な材料を使うことで新しい刺繍の可能性を発見できるかもしれません。

刺繍の技術を磨き、個性的な作品を作り上げる楽しさを味わってください。

スポンサーリンク

布に直接図案を描く代替方法

家にチャコペーパーがない場合でも、生地に直接デザインを描くことが可能です。チャコペンが手元にない時の代替案も含めてご紹介します。

チャコペンを使用して描く

市販されている様々なタイプのチャコペンについて詳しく解説します。

鉛筆スタイルのチャコペン

一般的で、誰もが使ったことがあるタイプ。小学校の手芸セットにも含まれることが多く、線を消すのも簡単です。

初心者にはこのタイプがおすすめです。

チョークスタイルのチャコペン

三角形のチョーク形式で、昔から人気のあるタイプ。滑らかな書き心地が特徴です。

シャープペンスタイルのチャコペン

細かいデザインに適したシャープペンタイプ。鉛筆タイプに似ていますが、より精密な描写が可能です。

熱で消えるチャコペン

アイロンをかけると消えるタイプ。

布にアイロンをかけると、線が綺麗に消えます。

自分に合ったチャコペンを見つけて、刺繍の練習を始めてみましょう!

ポイント

  • 通常のチャコペンは洗濯するとほとんどの線が消えます。
  • 一般的なチャコペンは熱に強いので、洗濯前にアイロンをかけないようにしましょう。

チャコペンがない場合

チャコペンの代わりに最適なのは、フリクションボールペンです。

消せるボールペンとして、刺繍にも活用されています。

ただし、普通のボールペンは洗濯しても消えないので注意が必要です。

チャコペンやフリクションペンがなければ、色鉛筆や普通の鉛筆を代用することもできます。

これらも大抵は洗濯で消えます。

スポンサーリンク

刺繍のための代替素材と道具の総まとめ

クッキングシートは刺繍のための最適なチャコペーパー代用品が使えます。


半紙、ワックスペーパー、スマートフォンやタブレットも利用可能!


チャコペンには鉛筆タイプ、チョークタイプ、シャープペンタイプ、熱で消えるタイプなど数多くあります。


ですがフリクションボールペンがチャコペンの代用として推奨されますね!


これで刺繍に挑戦する際に役立つ情報を一通りお伝えしました。

身近にあるもので簡単に刺繍を始めることができるので、ぜひ試してみてください。