本ページはプロモーションが含まれています。

自宅で作るオムライスに最適な卵の数は?美味しくするための味の工夫と柔らかな仕上がりの秘訣

食べもの
スポンサーリンク

自宅で作るオムライスに最適な卵の数はいくつなのでしょうか?

美味しくするための味の工夫や柔らかな仕上がりになる秘訣などもきになりますよね。

レストランで味わうオムライスのあの柔らかくて美味しい卵。

自宅で再現するのは一見難しいように感じますが、ちょっとした技術で意外と簡単に作れたりします。

今回は自宅で作るオムライスにおいて、どれくらいの卵が必要なのか、どのように味付けをするべきか、そして卵を柔らかく仕上げるための秘訣について説明します。

スポンサーリンク

自宅でのオムライス作りに推奨される卵の数量

自宅でのオムライス作りに最適な卵の数を考える前に、どのタイプのオムライスを作りたいかを想像してみましょう。

  • しっかりとした卵でライスを包むタイプ…1人前につき卵1~2個
  • 柔らかく半熟の卵でライスを包むタイプ…1人前につき卵3個


ライスの量にもよりますが、伝統的に卵でしっかりとライスを包むスタイルの場合、卵2個を使うことで破れずにすっきりと包むことが可能です。

薄く焼いたクレープのような卵で包む場合や、小さな子供用のオムライスを作る際は、卵1個でも充分です。

柔らかく半熟の卵でライスを包むスタイルは、豊富な3個の卵を使うことで簡単に美味しく作れます。

卵が少ないと固まりやすくなるため、特に初心者は多めの卵を使った方が扱いやすいでしょう。

スポンサーリンク

オムライスにおける卵の味付けの推奨


オムライスの卵の味付けは、ライスが既に味付けされているか、トッピングとしてケチャップが使われることが多いため、卵はシンプルに塩のみで十分に美味しくなります。

しかし、卵に直接塩を混ぜると、卵の凝固温度が下がってしまうため注意が必要です。

塩はフライパンに油やバターと一緒に振り入れることで、焼き上がりが硬くなりにくくなります。

また、有塩バターを使用して塩味を加える方法も良いでしょう。

バターは卵と非常に相性が良く、風味を増すため、油よりも推奨されます。

お好みに応じてどちらを使用するか選んでみてください。

スポンサーリンク

オムライスに最高のふわふわ卵を作るコツ

オムライス作りの際、卵をふんわりと仕上げる方法が重要です。

美味しいオムライスを作るには、ある特別な裏技を使うことがおすすめされます。

プロ並みにはいかなくとも、これらの技をつかえば、誰でもおいしいふんわりオムライスを作ることができます。

適正サイズとコーティングのフライパンの選択

均一に卵を調理するには、20~22センチメートルのテフロン加工フライパンが適しています。

サイズが大きすぎると卵がうまくまとまらず、小さすぎるとチキンライスを包むのが難しくなります。

テフロン加工されたフライパンは、焦げ付きにくく取り扱いやすいため、初心者には理想的です。

卵を均等に混ぜ合わせる

卵の白身と黄身は異なる温度で固まるため、しっかりと混ぜ合わせて均一に火を通すことが大切です。

混ぜる際は、白身を「切る」ようにして菜箸を使うと良いでしょう。

卵に牛乳を加える

卵に牛乳を加えると、ふわふわに仕上がりやすくなります。

3個の卵に対して大さじ1から2の牛乳が適量です。

牛乳がない場合は、生クリームやマヨネーズでも代用できます。

牛乳を加えるのは、卵をしっかり混ぜた後がベストです。

フライパンに油をなじませる

卵を入れる前に、フライパンを中火で適度に温め、油をよくなじませます。

これにより、卵がフライパンにくっつきにくくなります。

油がフライパンに行き渡ったら、余分な油は取り除きましょう。

卵を素早く調理する

バターをフライパンに入れて溶かした後、卵を加えます。

卵を外側から内側に向かって混ぜ、半熟状態になったらフライパンの手前に寄せます。

この時、形を整えやすくするために木ベラやゴムベラを使用すると便利です。

プロのように手首を使って形を整えるのは少し難しいかもしれませんが、ヘラを使えば比較的簡単に形を作ることができます。

卵は外側がしっかりと火が通っていて、内側がふわふわの状態が理想です。

形が整ったら、すぐに用意しておいたライスの上に盛り付けます。

形を整えるのが難しい場合は、半熟状態の卵をそのままライスの上にのせる方法もあります。

この方法であれば、手間を省いても見た目が美しいふんわりとしたオムライスを完成させることができます。

どちらの方法を選んでも、卵を美味しくふわふわと仕上げるための基本的なテクニックを活用しています。

最終的に、卵の取り扱い方や加える材料に少しの工夫を加えることで、家庭でプロのようなオムライスを作る喜びを体験できますね。

少しだけ注意深く卵を扱い、適切な材料を加えることで、オムライスの品質を大きく向上させることが可能です。

これらのコツを身につければ、いつでも美味しいふわふわオムライスを楽しむことができるでしょう。

オムライス作成の要点

オムライスに使用する卵の数は、求める仕上がりによって異なります。

具体的には、しっかりとした卵でライスを包みたい場合は1~2個が適しており、より柔らかくふわっとした半熟の卵で包むスタイルを好むなら、3個が理想的な量です。

オムライスに使う卵の味付けについては、ライスやソースが既に味わい深いため、シンプルに塩のみでも充分に美味しさを引き出せます。

【ふわふわとしたオムライスの卵を作るための秘訣とポイント】

  • 適切な大きさ(20~22cm)でテフロン加工されたフライパンを選ぶこと。
  • 卵をしっかりと混ぜ合わせること。
  • 卵に牛乳を加えること。
  • 卵を加える前にフライパンに油をしっかりとなじませること。
  • 卵をフライパンに加えた後は迅速に調理を終えること。


これらの技術をマスターするまでには少し時間がかかるかもしれませんが、慣れれば誰でも美味しいふわふわのオムライスを作ることができるようになります。

この機会に挑戦してみるのはいかがでしょうか。