本ページはプロモーションが含まれています。

スーパーマーケットでのQUOカード対応状況とおすすめドラッグストア

お役立ち情報
スポンサーリンク

QUOカードは、日本全国で利用可能な便利なギフトカードであり、多くの人が賞品や贈り物として受け取った経験があるか、名前くらいは耳にしたことがあるかもしれません。

このカードを提示することで、商品やサービスの支払いに直接使用でき、事前に決められた使用方法がないため、受け取った人は参加店舗で自由に商品を選んで利用できる大きな利点があります。

一方で、利用できる店舗の範囲が限られているというデメリットも指摘されています。

特に、スーパーマーケットや特定のお店での使用可能性に関する疑問がよくあります。

この記事では、スーパーマーケットでQUOカードが使えるか、そしてどのような店舗で使えるのかを明らかにします。

スポンサーリンク

スーパーマーケットでQUOカードは使用可能?

2024年時点での調査によると、通常のQUOカードを受け付けるスーパーマーケットは見つかりませんでした。

ただし、QUOカードPayという別のサービスを提供するスーパーマーケットならば、使用が可能です。

QUOカードPayは通常のQUOカードとは異なり、特定のスーパーマーケットでは使用できないため、例えば地域のスーパーや大手チェーンでは利用できない点に注意が必要です。

スポンサーリンク

QUOカードPayで利用できるスーパーマーケットは?

以下のスーパーマーケットは、QUOカードPayの利用が可能です。

  • Aコープ(一部店舗除く)
  • エレナ・エレナmini
  • サンプラザ(特定の店舗を除く)
  • 食鮮館タイヨー
  • スーパーマーケットバロー
  • ダイレックス
  • なかよし村
  • フレッシュバリュー
  • フレスト
  • ベルク
  • マルイ


QUOカードPayは、メールや各種SNSを通じてリンクを受け取ることができれば、どんなスマートフォンでも利用可能です。

使用方法は簡単で、受け取ったリンクやQUOカードPay画面を開き、店舗でバーコードをスキャンしてもらうだけです。

サインや本人確認は必要なく、残高内であれば複数回にわたって利用できます。

スポンサーリンク

スーパー以外でのQUOカード活用法!ドラッグストアとコンビニでの購入ガイド

スーパーマーケットではQUOカードの使用が認められていませんが、幸いなことに、選択されたドラッグストアやコンビニエンスストアではQUOカードを使用することが可能です。

これらの店舗での利用可能性を最大限に活用して、日常の買い物を便利にしましょう。

以下に、QUOカードを受け入れる店舗の一部を紹介します。

利用可能なドラッグストアを探す

QUOカードで支払いが可能なドラッグストアは次のとおりです。

  • マツモトキヨシ(特定の店舗を除く)
  • ドラッグセイムス/ドラッグストアスマイル(限定10店舗)


マツモトキヨシでは、全国的に広がる店舗ネットワークを通じて、日用品から食品まで、さまざまな商品を手に入れることができます。

特に大型店では、生鮮食品や冷凍食品などの食料品も取り扱っており、一般的なスーパーマーケットの代わりとして便利です。

コンビニでのQUOカード利用

QUOカードが利用可能なコンビニエンスストアは以下の通りです。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート(一部店舗除く)
  • ローソン
  • ポプラ
  • リーベンハウス(一部店舗除く)
  • デイリーヤマザキ(一部店舗除く)
  • もより市(一部店舗除く)
  • セイコーマート


これらのコンビニエンスストアは、スーパーマーケットと比べると小規模ながらも、生活必需品や食料品を幅広く取り扱っています。

さらに、定期的に行われる割引セールを利用すれば、よりお得に買い物をすることができます。

スーパーマーケットでの利用が制限されているQUOカードですが、これらの代替店舗で賢く活用することで、日々の買い物をスムーズに行うことが可能です。

スポンサーリンク

QUOカードの利用範囲:広がる可能性は?

QUOカードは、全国約60,000の店舗で受け入れられているとされ、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどの大手コンビニエンスストアの加盟により、その数が増加しています。

将来的にはスーパーマーケットでの利用が拡大する可能性もあるものの、自動化の進展など、現代の小売りの動向を考えると、QUOカードの受け入れが現実化するかは不透明です。

スポンサーリンク

どこでQUOカードは使えるのか

QUOカードはコンビニやドラッグストアだけでなく、飲食店、書店、ガソリンスタンドなど様々な場所で使用可能です。

これらの場所での利用は、主にギフトカードとしての機能を活かし、書籍購入や食事などに利用されます。

対応店舗リスト

QUOカードが使える店舗には以下のような場所があります。

  • デニーズ
  • 上島珈琲店(一部店舗除く)
  • UCCカフェプラザ
  • イエローハット(一部店舗除く)
  • ENEOS(一部店舗除く)
  • ジュンク堂書店
  • 紀伊國屋書店(一部店舗除く)


これらの店舗では、QUOカードを使ってさまざまな商品やサービスを購入できます。

利用可能か不確かな場合は、店員に直接尋ねるのが最善の方法です。

QUOカードの使い方

QUOカードの使用は非常にシンプルで、対応店舗でカードを提示するだけです。

サインや暗証番号の入力は不要で、使い勝手が良いのが特徴です。使用後はレシートで残高を確認でき、残額があれば何度でも利用できます。

ただし、切手やタバコ、チケットなど特定の商品には使用できないため、注意が必要です。

スポンサーリンク

よくある質問:QUOカードのスーパー利用は?

イオンでの利用は?

2024年の時点で、イオンではQUOカードの使用はできません

ドラッグストアでは?

主にマツモトキヨシをはじめとするドラッグストアで利用可能です。

マクドナルドでは?

マクドナルドでは「マックカード」のみの使用で、QUOカードは利用できません

スターバックスでは?

スターバックスは専用の「スターバックスカード」を使用するため、QUOカードの利用は不可能です。

スポンサーリンク

【まとめ】スーパーでの未来は?

QUOカードは非常に便利なギフトカードでありながら、現在は主に特定の小売店やサービス提供店でのみ利用可能です。

将来的にスーパーマーケットでの利用が拡大するかは不確かですが、その可能性は消えていません。

消費者にとってさらに便利な購買手段となるためにも、QUOカードの受け入れ範囲が拡大することは望まれます。

スーパーマーケットでの利用が現実のものとなれば、日常生活での買い物の利便性が格段に向上するでしょう。

しかしながら、その実現には小売業界のシステム変更や決済プロセスの調整など、多くの課題が伴います。

今後の小売業界の動向やテクノロジーの進化により、QUOカードの利用可能店舗が増え、消費者がより柔軟にカードを活用できる日が来るかもしれません。

そのためには、消費者からのニーズの声を小売業者やQUOカード発行元に伝え続けることが重要です。

最終的に、QUOカードを含むギフトカードの利便性は、それを受け入れる店舗の範囲によって大きく左右されます。

今後も利用者としては、利用可能店舗の拡大やサービスの改善に期待しつつ、現状利用できる店舗で賢く活用することが求められます。

結局のところ、QUOカードや他のギフトカードが日常生活で広く受け入れられ、便利に使えるようになるかどうかは、市場の動向と消費者の需要によって決まるでしょう。

それに伴い、スーパーマーケットでの利用が実現する日が来るかもしれないという希望を持ちつつ、現在の利用可能店舗を最大限活用してみて下さい。