本ページはプロモーションが含まれています。

大学の新入生向け男性の正装は?靴選びガイドまとめ!

お役立ち情報
スポンサーリンク

大学の入学式における男性の靴選びについてですが、どのような色の革靴が適切でしょうか?

また、ローファーの着用は適切なのでしょうか?

長い受験期間が終わり、いよいよ新生活が始まる大学の入学式。

スーツ選びに次いで、男性が頭を悩ますのが靴選びですね。

多くの人が選ぶスーツは黒やネイビーなどの深みのある色が主流ですが、これらのスーツに合わせるべき靴のスタイルとは一体どのようなものでしょうか。

靴選びに悩んでいる方は多いと思います。

本ガイドでは、大学入学式での男性用靴の選び方にポイントを当て、解説していきますね。

さらに、靴下に関する選び方にも触れています。

こちらの記事を読むと下記のことがわかります。

  • 適切な靴の選び方の基本
  • ローファーの適用性について
  • 靴の色の選び方
  • スーツに合わせる靴下の選び方
  • 靴とベルトの色を合わせるべきか?
スポンサーリンク

基本の選び方

正装時には、紐付きの革靴が一般的なマナーとされています。

スニーカーなどのカジュアルな靴はスーツスタイルにはそぐわないでしょう。

一般的に選ばれるのは、「ストレートチップ」デザインの革靴です。

ストレートチップは、つま先に直線的なデザインが施された革靴で、ビジネスシーンはもちろん、フォーマルな場にも適しています。

特に就職活動を視野に入れる場合は、黒のストレートチップで、紐穴が靴の内側に隠れている「内羽根」スタイルが推奨されます。

一方で、「外羽根」スタイルでは紐穴が露出しており、よりカジュアルな印象を与えます。

入学式だけの使用であれば、内羽根や外羽根にこだわる必要はありませんが、将来的に就職活動にも使用する予定がある場合は注意しましょう。

黒のストレートチップの革靴であれば就活の時に新しく新調しなくても使えるので経済的ですね!

ローファーについて

高校時代にローファーを愛用していた方も多いかもしれませんね。

ローファーはカジュアルな装いには適していますが、本来スーツスタイルには合わないため、正式な場では避けるべきです。

しかし、大学入学式のような場では厳しく審査されることは少ないため、どうしてもの場合はローファーを選んでも問題ないでしょう。

ただし、就職活動などの更にフォーマルな場では慎重に選びましょう。

スポンサーリンク

適切な靴の選択や色の優先順位は?ブラウンも受け入れられる?


黒色の靴が一般的に推奨される色です。

その理由は、黒が最も伝統的かつ広く受け入れられている色であり、就職活動にも適しているためです。

実際、多くの人が入学式で黒の靴を選択していますから、この選択肢であれば失敗は少ないでしょう。

それでも、入学式ではブラウンの靴を選ぶことに大きな問題はないとも考えられます。

ダークブラウンならスーツにも馴染みやすく、キャメル色などの明るいブラウンも選ぶ人はいます。

スポンサーリンク

スーツスタイルに合わせる靴下の選び方


靴を選んだら、次は靴下の選択です。

一般に黒や濃紺の靴下が最も無難な選択とされています。

スーツのパンツと同じか、それよりも濃い色の靴下を選ぶことが推奨されます。

これにより、靴下がちらりと見えたときもスーツに自然と溶け込みます。

注意点は白い靴下は避けましょう

靴下の適切な長さは、くるぶしを超えるものです。

スーツスタイルには、すねの毛が見えないように、膝下までの長さの「ホーズ」が適しています。

スポンサーリンク

靴とベルトの色の調和


靴とベルトの色を揃えると、装いに統一感をもたらすとよく言われます。

実際に、靴とベルトが同じ色であることで、より洗練された印象を与えることができます。

この統一感は、カバンの色を含めることでさらに強化されます。

特に入学式では黒の靴やカバンを選ぶことが多く、その場合は黒のベルトが全体のバランスを良くします。

ポイントとして靴がブラウンの場合は、同系色のベルトを選びましょう。

必ずしも色を完全に揃える必要はありませんが、できれば意識すると良いでしょう。

スポンサーリンク

【まとめ】大学入学式での男性用靴選び


大学の入学式には、基本的には紐付きの革靴が推奨されます。

ローファーは、伝統的にはスーツスタイルには不向きとされていますが、入学式であればそこまで厳しくないとも言えます。

ただし、ローファーがよりカジュアルな選択肢であることは念頭に置いておくべきです。