本ページはプロモーションが含まれています。

チョコレート製作用の便利な代替素材は?クッキングシート不要!

お役立ち情報
スポンサーリンク

チョコレートペンや生チョコを冷やす際、クッキングシートの代わりにラップやアルミホイルを使用するのが簡単です。

チョコレートペンで描いた文字を冷やす場合、ラッピング用の滑らかなプラスチックシートも便利です。これらはしわになりにくく、文字を描く際に作業しやすいのが特長です。

生チョコの作り方にもこれらの代替品を使用するコツがあるので、試してみると良いでしょう。

チョコレート,冷やす
スポンサーリンク

チョコレート製作の際のクッキングシート代替品

チョコレート製作用の便利な代替素材はあるのでしょうか?

クッキングシートがない時に使えるものがわかると便利ですよね。

チョコレート製作の際にクッキングシートの代替品として使用できるものを下記に上げます。

  • ラップ
  • アルミホイル
  • OPPシート(透明プラスチックシート)

普段お菓子作りをしない方でも、ラップやアルミホイルは家庭によくあります。

OPPシートは透明なプラスチックシートで、ケーキ屋さんでケーキの断面に使われているのが一般的です。

また、ラッピング袋も同じ素材なので、これをカットして使用することもできます。

ラップ、アルミホイル、OPPシートのクッキングシート代替としての利点を紹介しましたが、作るお菓子の種類によって適した素材を選ぶことが重要です。

ロール状のOPPフィルムはラップみたいに使うサイズが自分で調整できました!

初心者の方でも使いやすいOPPフィルムはこちらです。

レシピにクッキングシートの使用が指示されていても、生チョコなどはラップやアルミホイル、OPPシートで代用可能ですが、ラップが最も手軽です。

アルミホイルも代用可能ですが、しわになりやすく扱いにくいため、他の選択肢がない場合に限りお勧めします。

ラップとアルミホイル使用時の注意点

ラップとアルミホイルは便利ですが、注意すべき点もあります。

これらの素材は切りやすいものの、くっついてしまうと取り除きにくくなることがあります。

特に、プレゼントとして作成する際は、異物が混入するリスクも考慮する必要がありますね。

チョコペンの冷却に適したOPPシート

チョコペンでデザインを描く際、OPPシートの使用が推奨されます。

透明性が高いため、キャラクターやデザインの転写が容易で、しわができにくく、剥がしやすいのが特徴です。

ラップも透明ですが、しわになりやすく柔らかいため、チョコペンの使用には不向きです。

アルミホイルは透明でないため、デザイン転写には不適切で、またしわになりやすいです。

スポンサーリンク

生チョコのクッキングシート代用テクニック

クッキングシートの代わりに生チョコを上手に作るためのコツがあります。

生チョコ作りには以下のステップが重要!

  1. 適切な型を選ぶ(お弁当箱、牛乳パック、タッパー、豆腐の空きパック、お菓子の空き箱)
  2. ラップをしわにならないように型に敷く。
  3. 冷蔵庫で十分に冷やして固める。
  4. 包丁を温めてから切る。


レシピには通常、「型にクッキングシートを敷く」とありますが、専用の型がなくても大丈夫です。

型にラップを敷く際には、しわにならないように注意しましょう。

しわがあると、生チョコが型から剥がしにくくなる可能性があります。

しっかりと冷やしてから型から出し、温めた包丁で切ることで、きれいな断面を作ることができます。

スポンサーリンク

生チョコがクッキングシートにくっつく時の解決策

生チョコレート作りで時々起こる、クッキングシートに生チョコがくっついてしまう問題。

これは、チョコが十分に冷えていない場合や、シートの使用方法が誤っている場合に発生します。

冷やし時間が短すぎると、チョコは完全に固まっておらず、シートにくっつきやすくなります。

また、シートの滑らかな面を使用しないと、剥がしにくくなることもあります。

生クリームの量が多すぎると、チョコが柔らかくなりすぎてシートにくっつきやすくなります。

解決策としては、まずシートの正しい使い方を確認し、滑らかな面に生チョコを流し込んでみましょう。

それでも問題が解決しない場合は、生チョコのレシピを調整してみることをお勧めします。

一般的な配合はチョコと生クリームの比率が2:1ですが、生クリームが多すぎるとチョコが柔らかくなりすぎます。

それでも解決しない場合は、生チョコを冷凍庫で冷やすことを試してください。

約30分冷凍すると、シートから綺麗に剥がせるようになり、切りやすくもなります。

冷蔵庫で冷やしても剥がれない時の対策

生チョコを冷蔵庫で十分に冷やしてもシートから剥がれない時の対策としては、温めたタオルを生チョコの底や側面に軽く当てる方法があります。

この方法で、生チョコが少し溶けて剥がれやすくなります。

ただし、タオルを熱くしすぎたり、長時間温めすぎると、生チョコが溶けすぎてしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

チョコレート冷却時のクッキングシート代用方法まとめ

チョコペンや生チョコを冷やす際にクッキングシートがない場合でも、代用品を使ってチョコレート製作が可能です。

ただし、焼き菓子やオーブン使用の際は、これらの代用品の適用には注意が必要です。

バレンタインデー、誕生日、または他の特別な日にチョコレートを手作りする際、この情報がお役立ていただければ幸いです。