本ページはプロモーションが含まれています。

大学卒業式への保護者参加:希望しない場合のコミュニケーションと対策

お役立ち情報
スポンサーリンク

大学卒業式に保護者がどの程度参加するか、気になるところです。

成人を迎えた子どもからすると、保護者の参加表明には複雑な感情が生まれることも・・・。

本稿では、以下の内容に焦点を当てています。

  • 保護者の大学卒業式への参加率は意外に低め
  • 卒業式での親子の時間が限られている実例
  • 保護者に卒業式への不参加を伝える方法
  • 学生自身が式に参加したくない時の対応
  • 卒業の日に親へ感謝を表す方法

親に卒業式の参加を控えてもらいたい場合でも、感情を尊重しつつ最適な解決策を見つけましょう。

大学卒業式
スポンサーリンク

保護者の大学卒業式参加率について

保護者の参加率は全体で約20%、母親は22%、父親は13%と低めです。

特に父親の参加が少ないのは、「仕事を休むほどではない」との考えが影響しているようです。

大学卒業式への保護者の強制的な参加要請はなく、大学によっては参加制限を設けている場合もあります。

式をビデオ中継で視聴する仕組みを取り入れる大学もあるため、参加を検討している場合は事前に確認が必要です。

卒業式に不参加を検討している方はこちらの記事も参考にしています。

スポンサーリンク

卒業式での親子の時間が短いという体験

実際に卒業式に参加した場合、親子で過ごせる時間は予想よりも短く、私の経験では約15分でした。

両親は非常に参加を望んでいましたが、「必要ない」と繰り返し伝えたにも関わらず、結局は一緒に式に向かいました。

しかし、式が始まると、親と過ごす時間は短く、結局は別々に帰宅することになりました。

このような経験からも、保護者が参加することによる過度の心配は不要かもしれません。

それでも、卒業式に親の参加を望まない場合の伝え方を次に紹介します。

スポンサーリンク

保護者の大学卒業式参加を辞退させる上手な方法

保護者に大学の卒業式への参加を控えてもらう方法には、一般的な見解を共有する、代替案を提示する、共に過ごすことができない理由を説明する、があります。

「友人が少なくて親に知られたくない」や「目立つ親と一緒にいるのが恥ずかしい」といった懸念がある場合、以下のアドバイスが役立つでしょう。

一般的な見解を共有する

実際に、大学の卒業式に保護者が出席する割合は約20%に過ぎず、大学側からの強制もありません

そのため、

「大半の保護者は卒業式には出席しない」
「わざわざ仕事を休んでまで出席することは少ない」
「過保護に見える可能性がある」

など、まずは一般的な見解を伝えてみましょう。

代替案を提示する

保護者としては、子どもの学生生活の最後を見届けたいという気持ちは理解できます。

その上で、

「卒業式の写真をたくさん撮って後で共有する」
「卒業アルバムでいつでも振り返ることができる」

と提案し、「現地に来なくても大切な瞬間を共有できる」という点を強調することができます。

共に過ごすことができない理由を説明する

実際に卒業式に参加しても、保護者とはほとんど一緒にいられないことが多いです。

「卒業式では学生と保護者は別々の場所で過ごす」
「式後も忙しく、なかなか再会できない」

といった事実を伝え、当日はほとんど一緒に過ごせない点を説明しましょう。

これにより、「保護者が参加しない方がよいのかも」と理解してもらえるかもしれません。

それでも参加を希望する場合

それでもなお参加を望む場合は、具体的な条件を提示することを検討しましょう。

不参加を希望する理由を整理し、それに基づいて条件を設定します。

参加条件の例としては、

目立つ服装が心配なら「控えめな服装での参加をお願いする」
友人に見られたくないなら「各自で移動する」
など、具体的な条件を設けて、双方が納得できる解決策を模索しましょう。

卒業式は大切なイベントです。

自分の意見だけでなく、保護者の意見も大切にしながら、最善の方法を見つけてください。

スポンサーリンク

大学卒業式を欠席する際の考慮事項

大学卒業式は個人の出席に対して厳格な要求がなく、特別な理由があれば欠席することも許容されています。

多くの場合、3月末に開催されるこの式典は、新生活の準備や引越し、就職活動といった理由で参加できない学生もいます。

大学自体が出席を義務付けていないため、事前に欠席する旨を大学側に伝え、卒業証書やその他の重要な書類の受け取り方を確認しておくことが推奨されます。

卒業式は人生において記念すべき瞬間の一つですが、出席するか否かは最終的には個人の選択に委ねられています。

この選択に関する後悔や、欠席者の割合などの詳細情報については、別途提供される資料で確認することができます。

スポンサーリンク

卒業の節目に親への感謝を表す方法

大学の卒業式の日は、親御さんにこれまでの支援と愛情に感謝する絶好の機会です。

直接的な言葉で感謝を伝えるのが難しいとか恥ずかしいなと思う場合は、心のこもったメッセージカードを用意することをお勧めします。

例えば、「これまでのサポートに心から感謝しています」や「これからは自立した大人として、少しずつですが親孝行したいと思います」といったメッセージも良いですね。

このような心温まる言葉は、親にとって非常に感動的で心に残るものとなるでしょう。

また、メッセージカードの贈呈に抵抗がある場合は、親の趣味や興味に合わせたプレゼントを選ぶのも良い方法ですね。

例えば、趣味に合わせたアクセサリーや、生活を豊かにする便利グッズ、健康をサポートするアイテムなどが挙げられます。

ペアカップも普段と違って特別なおもいを込めてティファニーなら送ることができますね。

ご両親の体をねぎらってマッサージ器具も喜ばれているようです。

また、一緒に食事を楽しむことも、素敵な親孝行の一つです。

高価なギフトを選ぶ必要はありません。

大切なのは、親への思いやりを形にすることです。

大学卒業式は、学生生活の締めくくりとして特別な意味を持ちます。

この記念すべき日を、自分自身と親が納得する形で迎えられるよう、適切な準備をしましょう。

スポンサーリンク

大学卒業式への保護者参加:希望しない場合のコミュニケーションと対策まとめ

本稿では、「大学卒業式での保護者の参加率とその低迷、不参加を望む際の対応策」に焦点を当てて解説しました。

保護者の卒業式参加率は全体で約20%、母親は22%、父親は13%にとどまっています。

仕事の都合が主な理由で、特に父親の参加率が低いことが明らかになりました。

卒業式での親子の共有時間は平均して15分程度と短く、多くの場合、式の前後のわずかな時間だけです。

保護者を式に招かない希望がある場合の伝え方には、「一般的な観点からの説明、代替案の提示、共に行動できない事情の説明」という三つのアプローチが有効です。

さらに、卒業式の出席は必須ではなく、欠席が決まっている場合は事前の連絡が推奨されます。

また、卒業式は親への感謝を示す格好の機会でもあります。

大学の卒業は、多くの人にとって重要な人生の転機です。最適な選択をするために、慎重に考慮しましょう!