本ページはプロモーションが含まれています。

大晦日の夜に響く伝統的な鐘の音―除夜の鐘の背景とその意義

まめ知識
スポンサーリンク


大晦日の夜には、日本各地の寺院で響く、除夜の鐘の音が特別な意味を持っています。

では、なぜ108回もの鐘を鳴らすのでしょうか?

この記事では、その背景と意義を探ります。

除夜の鐘は、古くから日本仏教の習慣として根付いており、人々にとって馴染み深いものです。

毎年12月31日の夜、寺院では梵鐘を108回鳴らすのが一般的です。

この鐘の音は、単に年の終わりを告げるだけでなく、心を浄化し、新年への希望をつなぐ役割があります。

スポンサーリンク

除夜の鐘の意味

元々、除夜の鐘は僧侶たちの悟りを開くための儀式の一部であり、煩悩を払い、心を清めるために鳴らされていました。

しかし、一般の人々にもこの恩恵を広げるため、徐々に公開されるようになりました。

除夜の鐘には、「古いものを捨て、新しいものを迎える」という意味も含まれています。

つまり、この特別な夜に、煩悩を払う力が込められているのです。

修行を行っていない人々にも煩悩を払う機会を与えるため、多くの人々が参加しやすい儀式として定着しました。

除夜の鐘を聞くことで、多くの人が心の安らぎを感じることができます。

それは、神仏を信じる信じないにかかわらず、人々にとって心地よい経験となるでしょう。

除夜とは何か?

除夜とは、「除日の夜」という意味で、1年の最終日を指します。

したがって、除夜は年の最後の夜を意味します。

除夜の鐘は、新しい1年を迎えるために、一年間に溜まった煩悩を払い清める象徴です。

ここで鐘を鳴らす回数が108回である理由には特別な意味がありますが、それは別の箇所で詳しく説明します。

「除」という言葉には「古いものを捨てて新しいものを迎える」という意味があります。

そのため、年末の大晦日は「除日」とされ、除夜は大晦日の夜を指す言葉となっています。

スポンサーリンク

除夜の鐘の起源とその歴史

除夜の鐘の伝統は、中国宋朝時代にさかのぼります

当時、禅宗寺院では特殊な儀式として鐘を鳴らす習慣がありました。

この風習は日本に伝わり、鎌倉時代には日本の禅寺でも朝夕に鐘を鳴らす習慣が確立しました。

しかし、除夜の鐘には特別な意味があります。

室町時代から江戸時代にかけて、この習慣は一般寺院にも広まり、大晦日の夜に行われる重要な行事となりました。

除夜の鐘は、時の流れを示すだけでなく、新年を迎える際に邪気を払い、心を清める意味も持っていました。

特に禅寺では、除夜の鐘を鳴らすことで鬼門からの邪気を払い、新年を清らかに迎える儀式とされていました。

仏教の教義に基づいて、除夜の鐘の音は人々の煩悩を払い、心を浄化する力があると信じられています。

このため、一般の人々も大晦日に鐘の音を聞くことで心を清め、新しい年を迎える準備ができるとされています。

このように、除夜の鐘には年の終わりを告げる以上の、深い意味が込められています。

スポンサーリンク

除夜の鐘を108回鳴らす理由

除夜の鐘を108回鳴らす理由には様々な説があります。

六根説

六根説によれば、煩悩は眼、耳、鼻、舌、身、意の六根から生じるとされています。

これらの感覚器官から生じる煩悩を、良い、悪い、普通の3つの区分で18に分け、さらにそれらを「染」と「浄」の状態、そして過去、現在、未来の3つの時期に分けることで、最終的に108に至ります。

煩悩説

煩悩説では、除夜の鐘は各煩悩を打ち払うためのものとされています。

煩悩の数は108とされていますが、他にもさまざまな数が提唱されており、一部の寺院では108回以外の回数で鐘を鳴らすこともあります。

煩悩の数には様々な解釈があり、それによって鐘を鳴らす回数も異なります。

1年説

1年説では、108の数字が1年を象徴しているとされます。

これは、1年の12ヶ月、二十四節気の24、七十二候の72を合わせた数であるという説です。

四苦八苦説

四苦八苦説によると、この数字は仏教における苦しみを象徴する四苦八苦から来ています。


四苦八苦を数字に置き換えると「4×9+8×9」で計算すると、合計が108となります。


この説では、人生の苦しみや試練を象徴する数字として除夜の鐘に108の回数が用いられていると考えられています。

これらの由来はいずれも信憑性が高く、それぞれの理論には独自の意味が込められています。

どの説が最も正しいかは定かではありませんが、それぞれに深い意味があり、信者や参拝者にとって納得のいく解釈を見つけることが大切です。

また、一般的には108回のうち107回は大晦日に鳴らし、最後の1回は新年が明けてから鳴らすのが伝統です。

この習慣は、お寺によっては108回より多く鳴らすこともあることを示しています。

このように、除夜の鐘の習慣には多様な解釈と実践が存在し、それぞれの地域や寺院で異なる特色を持っています。

スポンサーリンク

除夜の鐘を鳴らすのは誰?

除夜の鐘を鳴らすのは通常、大晦日に107回、そして新年に1回の計108回です。

寺院の僧侶が鐘を鳴らすこともありますが、多くの場合、一般の参拝者もこの伝統に参加することができます。

参加希望者が多い場合には、108回を超えて鐘を鳴らすこともあります。

有名な寺院では、整理券の配布や鐘を鳴らすための料金が必要な場合もあるため、事前の確認が重要です。

スポンサーリンク

除夜の鐘の開始時間

除夜の鐘の開始時間は通常、夜10時から11時の間です。

公開されている寺院では、一般参加者が108回以上鐘を鳴らすことが多く、最後の1回は新年に鳴らされることもあります。

一般的には1分に1回のペースで鐘を鳴らすため、107回を年内に鳴らす場合、約1時間47分かかる計算です。

したがって、観覧または参加を希望する場合は、10時を過ぎる前に現地に到着するか、中継を視聴する準備をすることが望ましいです。

例外的に、すべての参拝者が鐘を鳴らすことができる寺院もあり、その場合は開始時間が早まるか、終了時間が遅くなる可能性もあります。

各寺院によって異なるため、訪問予定の寺院の情報を事前に確認することが重要です。

ただし、近年では騒音に対する近隣住民からの注意が強まっており、寺院側で時間を調整していることもあります。

このため、開始時間や終了時間が変更されることがあるので、毎年最新の情報を確認することが推奨されます。

時間変更がある場合は、近隣住民の要望によるものと理解してください。

スポンサーリンク

除夜の鐘を鳴らす正しいタイミング

除夜の鐘を鳴らすタイミングは、一般的に大晦日に107回、新年に入ってから最後の1回を鳴らすことです。

これに基づいて、鐘を鳴らす時間は寺院によって調整されます。

1分に1回鳴らす場合、107回で約1時間47分必要ですが、寺院によってはこのペースより早いところもあり、22時40分頃に開始する場合もあります。

開始時間は寺院によって異なるので、訪問前に確認が必要です。

また、最後の鐘を新年に鳴らすことは共通ですが、開始時間は異なることが多いです。

スポンサーリンク

大みそかと除夜の違い

12月31日は大みそかとして知られていますが、その由来や意味はあまり知られていません。

現在の日本はグレゴリオ暦(太陽暦)を使用していますが、かつては旧暦(太陰太陽暦)が用いられ、月の最後の日を「晦日(みそか)」と呼んでいました。

「みそ」には「三十」という意味があり、30歳を「三十路(みそじ)」と呼ぶのも同様の理由です。

大みそか、すなわち12月31日は年の最後の日であり、「晦日」に「大」を付けて大みそかと呼ばれるようになりました。

また、この日は「除日」とも呼ばれ、古いものを捨て新しいものを迎える日とされています。

したがって、除夜と大みそかはいずれも12月31日を指す言葉ですが、除夜は夜を、大みそかは日を指す点で異なります。

スポンサーリンク

除夜の鐘に関するよくある質問

NHKの「ゆく年くる年」除夜の鐘放送は何時から?

NHKの伝統的な番組「ゆく年くる年」の除夜の鐘の放送は12月31日の23時45分から始まります。

この番組は1927年から続く、日本で最も長寿の番組の一つで、除夜の鐘の音や初詣の様子を日本全国からリレー中継します。

「除夜の鐘」を英語で言うと?

英語では「除夜の鐘」を 下記のように表現します。

  • “New Year’s bell,”
  • “Bells on New Year’s Eve,”
  • “Temple bell rung 108 times on New Year’s Eve”

除夜の鐘の鳴らし方とマナー

除夜の鐘を鳴らす際は、まず鐘の近くに進み、鳴らす前に鐘に向かって合掌し一礼します。

撞木(しゅもく)についている紐を後ろに引いて鐘にあてます

鳴らし終わった後にもう一度合掌し一礼し、仏様への願いや感謝の心を込めます。

他にも待っている人がいる場合は速やかに譲ることがマナーです。

また、鐘を強く鳴らしすぎないこと、鳴らす間隔を適切に保つことも大切です。

通常、鐘を鳴らす間隔は30秒以上あけることが望ましいとされています。

さらに、本堂への参拝後に鐘を鳴らす「戻り鐘」は縁起が悪いとされているため、参拝は鐘を鳴らす前に行うのが適切です。

除夜の鐘はいつから始まったのか?

除夜の鐘の起源は非常に古く、元々は中国・宋時代の末期に始まった鬼払いの文化から派生したものです。

日本には鎌倉時代に伝わり、室町時代には仏教行事として一般化しました。

江戸時代には多くの寺院で行われるようになり、現在もその伝統が受け継がれています。

スポンサーリンク

除夜の鐘の意味についてのまとめ

除夜の鐘の由来や意味に関して、今回は詳しく解説しました。

鐘を108回鳴らすことには、人間の煩悩の数という由来がある一方で、1年を象徴するという説もあります。

寺院によって煩悩の解釈が異なるため、鐘を鳴らす回数にも違いが見られます。

一部の寺院では、参拝者全員が除夜の鐘を鳴らせるようにしており、108回を超えることもあります。

除夜の鐘は、煩悩を払い新年を清らかな心で迎えるための精神的な浄化の行事であり、自ら鐘を鳴らすことで、新年を正しい心持ちで過ごすことができるようになります。