本ページはプロモーションが含まれています。

クリスマスチキンはいつ食べるのが一般的?クリスマスイブかクリスマス当日?

食べもの
スポンサーリンク

クリスマスチキンはいつ食べるのが一般的なのかクリスマスイブかクリスマス当日なのかも気になりますよね。

クリスマスを祝ってチキンを食べるのは、いつが一般的なのでしょうか?

クリスマスイブの12月24日とクリスマス当日の12月25日、どちらの日にチキンを食べる人が多いかを考えてみましょう。

クリスマスチキン
スポンサーリンク

クリスマスにチキンを食べる最適なタイミングは?

クリスマスにチキンを食べる最適なタイミングはいつなのでしょうか?

一般的に、クリスマスチキンは12月24日の夕方から25日の夕暮れまでの間に食べるのが適しています。

最近では家族の都合で早めの23日にクリスマスチキンを食べる場合も増えてきました。

特にスーパーやチキン専門店では早割などもあるので都合があえば23日でも良いですね!

スポンサーリンク

クリスマスチキンを食べる日

クリスマスはキリストの誕生を祝う大切な祭りです。

この期間に、12月24日はクリスマスイブ、12月25日はクリスマスとして祝われます。

この2日間で、多くの人がクリスマスチキンを楽しみます。

スポンサーリンク

いつクリスマスチキンを食べる?

一般的にクリスマスチキンを食べる日は12月24日と25日です。

クリスマス期間中は他の料理も楽しめますが、日本では特に24日の夜が家族が集まる主な機会とされています。

25日の夜になると、クリスマスの終わりを感じることがあります。

日本の人気店では、特に24日の夜が最も忙しい時期で、25日も多くの人が訪れますが、ピークは24日の夜になります。

そのため、クリスマスチキンは早めに予約することが推奨されます。

スポンサーリンク

クリスマスに伝統的に食べるのは七面鳥

クリスマスはキリストの誕生を祝う日で、伝統的には七面鳥がメインのご馳走でした。

しかし、七面鳥は手に入れにくく、調理も大変なため、最近ではチキンが主流になっています。

確かに七面鳥を買って料理するのは一般家庭では難しいですし、スーパーなどでも見かけることがないですよね。

スポンサーリンク

クリスマスチキンはいつ食べるのが一般的?クリスマスイブかクリスマス当日?まとめ

今回の記事ではクリスマスチキンはいつ食べるのが一般的なのか?

クリスマスイブかクリスマス当日なのかについて詳しく調べてまとめました。

クリスマスチキンを食べる最適な時期は12月24日の夕方から25日の夕方です。

日本では特に24日の夕食に食べるのが一般的です。

ですが最近はスーパーやチキン専門店では早割などの予約があるので23日以前クリスマスチキンを食べる家庭も増えてきています。

クリスマスやクリスマスイブでないとクリスマスチキンは食べてはいけないという決まりはありません。

ぜひ皆さんで楽しくクリスマスチキンを食べれる日を決めて下さいね♪