本ページはプロモーションが含まれています。

生トマトやケチャップで代用!缶詰トマトがない時の解決策まとめ

食べもの
スポンサーリンク

缶詰トマトは、パスタ、スープ、カレーやリゾット作りに重宝する食材です。

多くのレシピで見かけるほど、その便利さは広く知られています。

しかし、いざ必要な時にトマト缶が手元にないということもしばしば。

そんな時、生トマトやケチャップで缶詰トマトの代用ができるのか?を紹介します。

スポンサーリンク

生トマトで缶詰トマトを代用する方法は?

缶詰トマトは、熟成して甘みを増したトマトを使用していますが、市販の生トマトは酸味が強いことが多いです。

しかし、味付けをしない生トマトは、さまざまな料理に使いやすいです。

生トマトを使った代用法では、皮を剥き、種を除去した後、サイコロ状に切って、オリーブオイルで炒め、コンソメやトマトジュース、塩で味を整えることで、美味しいトマトソースが完成します。

スポンサーリンク

生トマトは缶詰トマトの何個分?

缶詰トマトを生トマトで代用する際の量は、一般的な缶詰トマト400g(固形量240g)に対し、小さめのトマトであれば4~5個大きめであれば2~3個が目安です。

この際、トマトのピューレやジュースの追加がポイントとなります。

スポンサーリンク

ケチャップやトマトジュースの使用は?

トマトケチャップは甘みが強く、缶詰トマトの直接的な代用としては不向きですが、水で薄めたり、味付けを調整することで使用可能です。

一方、トマトジュースは塩分含有量に注意しつつ、無塩のものを選ぶか、料理に合わせて使用すると良いでしょう。

特に煮込み料理には、トマトジュースが適しています。

スポンサーリンク

トマトを活用した美味しいレシピ集

トマトの魅力を引き出した、様々な料理法をご紹介します。

生トマト、トマトケチャップ、トマトジュースを使ったレシピで、食卓を彩りましょう~♪

生トマトを使ったレシピ: ロールキャベツ (4人分)

材料

キャベツ: 8枚
合挽き肉: 400g
玉ねぎ: 1/2個
パン粉: 大さじ6
卵: 2個
塩: 小さじ2/3
胡椒: 適宜
トマト: 2個
水: 600cc
オリーブオイル: 大さじ2


作り方

  1. 玉ねぎをみじん切りにし、電子レンジで加熱後冷ます。
  2. トマトは皮をむき、1.5cm角に切る。
  3. キャベツは茹でて水気を切り、芯を平らに。
  4. ボウルにパン粉、溶き卵、合挽き肉、玉ねぎ、塩胡椒を混ぜ、肉だねを作る。
  5. 肉だねをキャベツで包み、鍋に並べ、トマト、水、塩、オリーブオイルを加えて煮る。


【ケチャップを使用したレシピ: ミートソース (4人分)】

材料

挽き肉: 200g
玉ねぎ: 1個
人参: 1本
オリーブオイル: 大さじ1
水: 100cc
ケチャップ: 150cc
砂糖: 小さじ1
ウスターソース: 大さじ2
塩、胡椒: 適宜


作り方

  1. 玉ねぎと人参をみじん切りにし、オリーブオイルで挽き肉と共に炒める。
  2. 玉ねぎが透明になるまで炒めた後、水、ケチャップ、砂糖、ウスターソースを加えて煮込む。


【トマトジュースで作るレシピ: ミネストローネ (4人分)】

材料

じゃがいも: 2個
ソーセージ: 8本
玉ねぎ: 1個
人参: 1本
すりおろしニンニク: 小さじ1/2
水: 400ml
コンソメ: 2個
トマトジュース: 200ml
砂糖: 小さじ1
バター: 20g
塩、胡椒: 適宜


作り方

  1. じゃがいも、玉ねぎ、人参を切り、ソーセージを輪切りにする。
  2. バターでニンニクとソーセージを炒め、野菜を加えてさらに炒める。
  3. 水、コンソメ、トマトジュース、砂糖を加えて煮込み、塩胡椒で味を調えて完成します。

これらのレシピは、トマトの様々な形態を活用し、それぞれの特徴を生かした料理です。

生トマトのフレッシュさ、ケチャップの濃厚な甘み、トマトジュースの便利さをそれぞれの料理で堪能してください。

手軽に作れるものから、少し手間をかけたものまで、トマトを使った料理のバリエーションを広げることができます。

日常の食卓に、これらのレシピを取り入れてみてはいかがでしょうか。

トマトの魅力を再発見するきっかけにもなるでしょう。

スポンサーリンク

代替材料としてのトマト利用のまとめ

カットトマト缶は様々な料理に便利な食材ですが、それを代替する際には生トマト、ケチャップ、トマトジュースが有効な選択肢になり得ます。

それぞれが持つ特徴を活かし、料理に合わせて適切に使い分けることが重要です。

ケチャップは特に注意が必要で、その甘みが料理の味を左右するため、全ての料理に適しているわけではありません。

適切な量の水を加え、コンソメや他の調味料でバランスを取ることで、様々な料理に合わせることが可能です。

生トマトはそのフレッシュな味わいを、トマトジュースはその手軽さと独特の風味を、それぞれの料理で活かすことができます。

缶トマトが手に入らない時でも、これらの代用品を使いこなすことで、美味しいトマト料理を楽しむことができるでしょう。

最終的に、どの代用品を選ぶかは、作りたい料理の種類や、好みの味わい、手に入る材料によって異なります。

トマトを使った料理の幅広い可能性を探求し、様々な食材を使いこなしてみてください。