本ページはプロモーションが含まれています。

冷凍と解凍はできる?いきなり団子を保存する方法を紹介!

お役立ち情報
スポンサーリンク

いきなり団子を余分に作ったり購入したりしてしまった場合の保存方法について解説します。

ここでは、いきなり団子の冷凍方法と効果的な解凍技術を紹介します。

いきなり団子の保存方法。冷凍や解凍はできる?
スポンサーリンク

いきなり団子を冷凍することは可能?その方法について

いきなり団子の賞味期限は常温で1~3日ですが、冷蔵庫で保存すると餅部分が硬くなってしまうことがあります。

もし大量に余ってしまった場合、2週間から1ヶ月までの冷凍保存がおすすめです。

いきなり団子の冷凍保存

  • 冷凍は可能?⇒冷凍可能
  • 保存期間は?⇒最大1ヶ月まで

コンビニや自家製のいきなり団子も冷凍保存が可能ですが、適切に処理しないと冷凍焼けを引き起こす可能性があります。

長持ちさせるためには、一つ一つをラップで包んで、ジップロック袋に入れて密封する方法が効果的です。

冷凍保存の具体的な方法

  • 個別にラップで包む⇒開封後のいきなり団子を一つずつラップで包み、ジップロックで一括保存。
  • 密封保存袋で保存⇒冷凍する際は、空気を抜いて密封します。

いきなり団子って本当に美味しくて腹持ちも良いです。

わが家の子どもたちはスナック菓子より好きと言っておやつによくたべていますよ!

お祝いやお返しなど贈り物にも年齢問わず喜ばれました(^^♪

スポンサーリンク

【解凍方法】いきなり団子をどのように解凍するのが最適?

いきなり団子の解凍方法には、電子レンジ、自然解凍、蒸し器、湯銭加熱などがあります。

どの方法が適切かを解説します。

【いきなり団子の解凍目安】

  • 電子レンジ(600W)⇒3分
  • 自然解凍(常温)⇒1~2時間
  • 自然解凍(冷蔵庫)⇒3~4時間


結論としては、味と食感を保つためには自然解凍を、急いでいる場合は電子レンジがおすすめです。

【電子レンジでの解凍方法】

  1. ふんわりとラップをかける
  2. 600Wで3分間加熱する

このようにして、いきなり団子を適切に冷凍・解凍することで、美味しさを保つことができます。

とっても簡単で食べたいとき直ぐに解凍できるので便利ですね!

急ぎのおやつや小腹がすいた時などにはもってこいの解凍方法です。

スポンサーリンク

【自然解凍】いきなり団子を室温または冷蔵庫で解凍する時間は?

いきなり団子は砂糖を含んでいるため、解凍後も食感が損なわれにくいです。

電子レンジでの解凍は速いですが、温度の急激な変化により、味と食感が劣ることがあります。

そのため、味わいを大切にする場合は自然解凍を推奨します。

室温では1~2時間、冷蔵庫では3~4時間で解凍でき、食感や風味はほぼそのまま保持されます。

蒸し器での解凍方法は約10分蒸すとお店の出来立て感を味わうことができます。

急ぎたい場合は電子レンジを使うこともできますが、自然解凍の方が全体的におすすめです。

電子レンジでは場合によっては食感が乾燥したり硬くなることがあります。

すぐに解凍したいが自然解凍の待ち時間が長いと感じる場合は、蒸し器や湯銭解凍が効率的で、15分ほどで解凍が完了します。

蒸し器を使用する場合は、団子を重ならないように並べて10分間蒸しますが、後片付けが少々面倒です。

その点、湯銭は準備が簡単でお勧めです。

次に湯煎解凍について詳しくまとめてました。

スポンサーリンク

【湯銭解凍】いきなり団子の湯銭解凍方法は?

いきなり団子は、熱湯に15分間つけるだけで、解凍が可能です。

この湯銭解と凍は、沸騰させたお湯に団子を入れるだけの方法です。

【湯銭解凍方法】

  1. 鍋でお湯を沸騰させる。
  2. 火を止めた後、団子を袋のまま15分間お湯に浸す。


湯銭解凍を行う際のポイントは、お湯に団子を10分程度浸して、手で触れると人肌程度の柔らかさを感じたら解凍完了です。

いきなり団子の保存と解凍についてのポイントをお伝えしました。

電子レンジで急ぎたい時や、時間がある時の自然解凍、さらには家庭での蒸し器や湯銭を使った解凍方法まで、さまざまな選択肢を調べて見ました。

ご自身の状況にあった方法で美味しく食べて見て下さいね♪

いきなり団子おいしいから沢山ストックしとこ~!